スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行記:12月31日 その1

 これは2日目です。時系列に沿って読むことをお勧めします!

 さて、忙しくてなかなか書けていなかった2日目です。といっても正直この旅行、この2日目がメインなのでこれが終わったらあとはグダグダなような…まぁ気にせず行きましょう。

 のんびりと朝8時位に起床。お風呂に入ってから朝食へ。ビュッフェ形式だったけど、ヨーロッパにしては珍しく卵もソーセージもない。代わりにあったのがニシンの酢漬けみたいなの。内陸のオーストリアなのにね?あるいは内陸だからだろうか。

 食べてからオーストリア名物のザッハトルテ食べ歩きへ。ザッハトルテとはなんぞや?という方へ。オーストリア名物のチョコのカタマリのようなケーキです。超甘党な人しか食べられないというこのお菓子。まぁどのようなものかはこちらでも見てください。

 あ、あとウィーンは中心街は「リング」という環状道路に囲まれています。これはもともとその「リング」のあった場所に城壁があって、それで囲まれていたからなんですね。ウィーンの名所のほとんどはこの「リング」の内側か周辺に存在します。全長5キロもないんじゃないかな?山手線とは比べられない小ささではありますが、山手線を想像すればわかりやすいかと。

 ではそれらを踏まえてレッツゴー

 とりあえずザッハトルテには有名なブランドが二つあって、ひとつはホテルザッハーのザッハトルテ。もう一つはデーメルのザッハトルテです。この二つは上のリンクから見ればわかるように、同じレシピで作っているのですが、食べ方が一応違います。たぶん味もローカルチェンジはしているかと。

 位置の都合上、まずホテルザッハーのザッハトルテから食べることに。

 まずホテルを出てから市内散策を兼ねてホテルザッハーの逆方向に向かって歩いていく。中心にあるシュテファン寺院を仰ぎつつ、リングまで一気に歩きました。あ、ちなみに中はこんな感じです。

 そのリングまで歩くところにあったお店。これはファストフードみたいなところで、こっちは本屋。何を撮っているんだって?すいません・・・。あ、そういえばこの本屋よりも大きとこはあったんですが、撮るのを忘れていました・・・汗

 リングまで出ると、そこには運河。ドナウ川の水を引っ張ってきているそうです。しばらく運河に沿って歩いて、リングの構造上、運河から別れていきます。その先には官庁街。日本でいう霞が関でした。ここの写真は基本家族が写っているのでアップできないのが残念ですが、日本が近代的な建物に対し、ここは重厚な造りでした。さすが歴史ある町ですね。

 それを通り過ぎたあたりで寒さに耐えかねて+みぞれが降ってきたのでメトロへ。あ、言うの忘れていましたがウィーンはもっそい寒いです。この時期は基本氷点下。寒いったらありゃしない。

 ちなみに、トラムに乗ろうかとも思ったのですが、リングを走るいわゆる環状線みたいなのはイベント(マラソン:こんなに寒いのにタンクトップで走ってた。まぁ走ってる方はいいけど見てるほうは気が気じゃないよ!)のために止まってました。残念。

 メトロでカールスプラッツへ。ここは国立オペラ座などがあるウィーンきっての中心街。その近くのスーパーに行き、忘れてきたカミソリ、歯ブラシを購入。ついでに岩塩も購入。あ、そうそう。もしウィーンやザルツブルグに行くなら、塩を買いましょう。ハーブ入り岩塩。日本じゃほとんど売ってないけど、コレ、本当においしいです。ちょっとした肉料理や野菜炒めの塩をこれに変えるだけでびっくりしますよ?あ、あと旅行では必須。水とジュースを買っておきました。
 
 ちなみに、そのスーパーの様子がこんなかんじ。ちなみにショーウィンドーにあったハムにはこんなものも。拡大すればわかりますが、面白いハムもあるものですね(笑

 さて、今日は疲れたのでここで終了。次はホテルに荷物を置いて改めてホテルザッハーへと向かいます。さて、ザッハトルテはどんな味でしょうかね・・・?

その2へ続く
スポンサーサイト

旅行記:2007年12月30日 その1

このブログを使うのもだいぶ久しぶりです。ここをまだ見てる人はいるのかな・・・?と思いつつこの年越しで行ってきた旅行日記をここに記したいと思います。

 訪れた場所はオーストリアはウィーン。期間は12月30日~1月3日、構成は母と兄の3人でした。今回の旅行の目的はなんと言ってもジルベスターコンサート。ちょっとした縁からチケットを手に入れることができたのでありがたく使用させていただきました。

 まず、ジルベスターとは何ぞや?という方にちょっと説明を。おそらく、皆さんはウィーンフィルのニューイヤーコンサートというものをご存知だと思います。もし知らなかったらググってみてください(汗 2002年には小澤さんが指揮棒を振るったことでちょっと話題になりました。

 そのニューイヤーコンサートの前日、つまり大晦日(ジルベスター)にニューイヤーと全く同じコンサートを行うのですが、それがジルベスターコンサートです。少し聞いた話では、ウィーンフィルのみなさん、ジルベスターコンサートが終わった後、飲んだくれて中には二日酔いでニューイヤーコンサートを迎える楽団員もいるとか(笑 そんな小話を聞いたので、チケットはニューイヤーコンサートかジルベスターの2択だったのですが、ジルベスターを選択したわけです。

 そんな目玉企画を抱えた今回の旅行記をここに記してみようと思います。

2007年12月30日

 前日、高校の同窓会が関西であったため新幹線の終電に乗って東京に帰還。この時点で他の諸々の用事が重なっていたため用意が全くできていないという事態。あたふたと準備をして、結局徹夜。まぁ時差ぼけのことを考えたらこれでもいいか、と思いつつタクシーに飛び乗って上野へ。ここから京成スカイライナー?に乗って成田へ向かう。といっても爆睡していたので途中なんてどうなってたか全く覚えてません。ハイ。

 成田で目が覚めてそのまま空港へ。ここで兄が年賀状を出していた・・・消印は成田空港とかになるのかねぇ?

 滞りなく出国審査も済ませてゲートまで。この時点でまだ出発まで2時間くらいは余ってるのでのんびりスープカレーでも食べてやっぱり爆睡しながら過ごす。途中でスタバのコーヒーを飲んだような気がするけど・・・覚えてない(汗

 今回搭乗した機体はボーイング700の400?とかナントカ。とりあえずエコノミーでも液晶がついてて映画とかゲームとかできるやつ。初めてそういう機体に乗ったのでちょっと楽しみ。映画はボーン・アルティメイタムが目玉でそれをありがたく観ました。ノートPCも起動させて、唯一残していた部誌の仕事をやろうかと思ったけど、電池が残り少ないので断念。結局iPodや寝たりで機中は過ごす。そうそう、頭の横の部分が曲げられて、そこに頭の体重かけて寝れるようになってたのは嬉しかった。(ネックレストとか言うらしい)

 午後5時くらいだっけ?に乗り換えのフランクフルト空港に到着。(写真1)写真とかはmixiを参照で(汗 なんかこっちの上げられる写真のサイズちっさい・・・

 日本で乗り継ぎの手配ができなかったので、ここで乗り継ぎカウンターを探す。オーストリア航空なのに、ルフトハンザ航空のカウンターでできる(むしろそれしかなかった)というタネがあったため、しばらくオーストリア航空のカウンターを探して右往左往する羽目に。あいててて。その後に交代で買い物もしてみるも特にいいものもなし。あ、とりあえずここで夕飯は食べたんだけど、ハズレのないパスタに逃げましたw

 さらに飛行機で一路ウイーンへ。そこからタクってホテルまで。ホテルは写真2みたいな感じでした(mixi参照)

 ホテルで今回のチケットを融通してくれた夫妻と会ってチケットをゲット。楽しみだ・・・

 あと、その日に部の部誌の原稿を送らなきゃいけなかったのでホテルでネットにつないで送信。ちなみに。ノートPCのアダプターは変圧機能もついているから、コンセントの形だけ変えたら(専用のソケットみたいなのがある)変圧器を持っていなくてもPCは問題なく使えるんだよ~。豆知識ですね。

 これで30日はおしまい。読んでいてわかると思うけど主に移動しかしてません(汗
 
 さて、31日は目玉企画が目白押し~。書けるかな・・・?もう学校も始まるのに。

 では~

北海道旅行:2日目

※この日記は2日目です。時系列を追って読むことをおすすめします。

 2日目、元々函館往復の切符を取っていたんだけど、それが7時札幌発なもんだからホテルの朝ご飯をブッチして札幌駅へ。

 そこから3時間、特急列車に揺られて函館に10時過ぎに到着。

 まずは有名な函館朝市に行ってカニをゲット。本タラバガニの見分け方とかカニの美味しさの見分け方などもついでに学んできました。よはんはここでうにを購入。あ、ちなみにカニ買ったらおまけで生ウニ、というかウニそのものを3つくらいつけてくれました。

 本タラバガニにムラサキウニ1つ、バフンウニ2つで送料込みで値切って8000円。もしかしたらもう少し値切れたかもしれないけど。

 カニ、ウニの味のほうは今日食べるからまだなんともいえないけどやっぱり漁港で買うと安いよね~

 昼飯は朝市のそばにある定食屋さんで。よはんのイカが旨かった。

 次に向かったのは五稜郭。「燃えよ剣」で土方の最期の地だと知ってた自分はどうしても行きたかったところ。というか函館戦争そのものにすごい興味を元々持ってました。展望タワーは開いていて、簡単な函館戦争の様子は書いていたけど、残念ながら五稜郭にある函館戦争の博物館は休館日。次の機会があったら是非行きたいところ。

 そして港にあるレンガ倉庫を見ながら高田屋嘉兵衛資料館へ。

 高田屋嘉兵衛って確か東回り航路とか樽廻船とかそんなんで有名だったっけな…程度の知識しか持っていなかったんだけれども、よはんは「菜の花の沖」っていう本で詳しく知っていたらしい。

 ゴローニン事件の解決の立役者だと初めて知りました。すいません…

 詳しく知りたい人は「ゴローニン事件」でググってくださいな。とりあえず、一介の民間人が国家間の戦争を回避させたっていうくらいの立役者といったところでしょうか。

 他に北方民族資料館とか行ったけれど、あまり得るものがなく(アイヌ民族の資料館かな、と思ったらロシアとか含めたすべての北方民族の資料館だった)、ここであとは函館の夜景くらいしか見るものがなくなってしまって。

 時間もあったから函館山に徒歩で登ってきました。この日は晴れていたんだけど、山には残雪があって凍っていたりしたからやっぱり疲れました。

 そして、見た夜景がmixiにアップしたやつ。函館の夜景が有名なわけがなんとなくわかりました。ほんとに綺麗。

 この時点で図らずも長崎、神戸、函館の日本3大夜景を制覇しちゃったわけですが、まあそれは置いといて。

 しかし、日中は観光客なんてほとんどいなかったのにこの函館山の展望台に夜になると人がわらわらわらわら。本当に、どこにいたんだかってくらい人が来ました。

 あ、帰りは暗くて危ないからロープウェーで帰ったけど、ロープウェー、往復で1140円。あのペースなら1日500人くらい来てておかしくないから、夜景だけで1日500万円以上稼げる計算。

 五稜郭も展望台もやけにお土産が充実してるなぁ、と思ったけど、恐らく、これが所以なんだろうなぁ、と。

 夏とかだったらもっと稼いでいるんだろうね。

 下山してから駅前近くにある味覚街みたいなとこに行って函館ラーメンを食す。

 そして函館のみどりの窓口でなぜか翌日の夕張行きの切符を購入。駅員さんにすんごい驚かれました。そりゃそうだ。函館で札幌から夕張行きの切符買って、さらに日帰りで空港までの切符を帰り道に買っているんだから。あー、恥ずかしかった。

 そして19時40分くらいの函館発の電車で札幌に帰りました。

 函館のイメージは神戸と結構似た感じ。北だからか潮の香りはほとんどありませんでした。塩っ気も感じなかったし。

 神戸よりかは田舎だけど、似た匂いは感じました。やはり、悪くはないところかと。

 2日目終了ー!

北海道旅行:1日目

 2月の18~20日にかけて北海道旅行に行ってきました。

 おととしの長崎旅行と同じく、よはん(みきを)と一緒です。

 ま、とりあえず一日ずつ、順を追って旅行記を書いていきましょう。

 あ、そういえば前書いてた台湾の旅行記って途中で止まってたっけ…続き、書いたほうがいいのかな?とにかく、忘れないうちに北海道を書ききってしまおう。




 北海道:1日目

 朝7時40分発の飛行機で新千歳空港へ。そっから札幌に向かって、まず荷物をホテルに預けてから出発。まあ、とりあえず

 寒い。

 気を取り直して、まずは北海道開拓の村へ。北海道開拓時代の家屋を移転、復元したものがいっぱい。

 北海道開拓時代の苦節とかをいろいろ学べるかな、と思ったけどあんまり表現しきれていない感があったなぁ。どっちかというと明治時代の家屋を学んだ感じがする。そういう意味ではすこし期待はずれ。

 ついで札幌に戻って有名な時計台へ。このときすでに雪中行軍。だから寒いってば…

 時計台の時計はすごいなって思ったけどやっぱりただの観光地という感じが。うぅむ。

 この時点ですでに午後5時。博物館の類はすでに閉まっている。

 あと、旧庁舎とかついでに夜景見たりとか。ま、そんだけ。

 あと札幌ラーメンなるものを昼夜食べたけど、2食はきつかった…

 ちなみに、札幌の町は計画されて作られただけあってやっぱり綺麗。

 京都と同じか優るくらいの碁盤目っぷりだったかもしれない。

 暮らしやすい町だとは、思う。でも、北大とか行きたかったなぁ

 あと、羊ヶ丘にあるクラーク銅像の指差す先には何があったのだろうか…

 はい、1日目終了~

チェコはプラハのモルダウ近く

 そう、僕は思うんだ

 いくら世界が綺麗でも
 自分の周りの世界が醜かったら
 その生涯に悔いは残らないのだろうか
 そうとは思えない

 だから自分の周りだけは綺麗な世界を作って
 それ以外がどうであろうと
 割り切って生きていく方法を身につけた

 でも
 自分の周りの世界を綺麗なままにするのは不可能で
 その外側にある世界の汚さと美しさにあって
 自分の周りの世界もその一部分でしかないことに
 いまさらに気づいたんだ

 そう
 どうあがいても
 自分そのものがいつかは消え行くと
 わかってしまったその時から
 僕は気づくのが遅すぎた…

 

» read more...

  |  home  |   next page »

プロフィール

北兎。。

Author:北兎。。
誕生日 阪神が優勝した年の4月5日。
年齢 お酒を飲んでも咎められなくなりました。
性別 男子校出身ですね。
血液型 どなたにも献血できる便利な血液型です。
星座 メェ~
職業 かろうじて大学生。
趣味 読書、ピアノ、剣道
出身地 そば飯の発祥地です。
特技 ピアノ…にしておく。一応3歳から。
長所    一度決めたところまではやり遂げるところ
短所    でも決めたところまで行ったら何もしなくなるところ
好きな食べ物 和菓子や和食。胃に優しくすごしましょう…
嫌いな食べ物 ゲテモノ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Appendix

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。