スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道旅行:2日目

※この日記は2日目です。時系列を追って読むことをおすすめします。

 2日目、元々函館往復の切符を取っていたんだけど、それが7時札幌発なもんだからホテルの朝ご飯をブッチして札幌駅へ。

 そこから3時間、特急列車に揺られて函館に10時過ぎに到着。

 まずは有名な函館朝市に行ってカニをゲット。本タラバガニの見分け方とかカニの美味しさの見分け方などもついでに学んできました。よはんはここでうにを購入。あ、ちなみにカニ買ったらおまけで生ウニ、というかウニそのものを3つくらいつけてくれました。

 本タラバガニにムラサキウニ1つ、バフンウニ2つで送料込みで値切って8000円。もしかしたらもう少し値切れたかもしれないけど。

 カニ、ウニの味のほうは今日食べるからまだなんともいえないけどやっぱり漁港で買うと安いよね~

 昼飯は朝市のそばにある定食屋さんで。よはんのイカが旨かった。

 次に向かったのは五稜郭。「燃えよ剣」で土方の最期の地だと知ってた自分はどうしても行きたかったところ。というか函館戦争そのものにすごい興味を元々持ってました。展望タワーは開いていて、簡単な函館戦争の様子は書いていたけど、残念ながら五稜郭にある函館戦争の博物館は休館日。次の機会があったら是非行きたいところ。

 そして港にあるレンガ倉庫を見ながら高田屋嘉兵衛資料館へ。

 高田屋嘉兵衛って確か東回り航路とか樽廻船とかそんなんで有名だったっけな…程度の知識しか持っていなかったんだけれども、よはんは「菜の花の沖」っていう本で詳しく知っていたらしい。

 ゴローニン事件の解決の立役者だと初めて知りました。すいません…

 詳しく知りたい人は「ゴローニン事件」でググってくださいな。とりあえず、一介の民間人が国家間の戦争を回避させたっていうくらいの立役者といったところでしょうか。

 他に北方民族資料館とか行ったけれど、あまり得るものがなく(アイヌ民族の資料館かな、と思ったらロシアとか含めたすべての北方民族の資料館だった)、ここであとは函館の夜景くらいしか見るものがなくなってしまって。

 時間もあったから函館山に徒歩で登ってきました。この日は晴れていたんだけど、山には残雪があって凍っていたりしたからやっぱり疲れました。

 そして、見た夜景がmixiにアップしたやつ。函館の夜景が有名なわけがなんとなくわかりました。ほんとに綺麗。

 この時点で図らずも長崎、神戸、函館の日本3大夜景を制覇しちゃったわけですが、まあそれは置いといて。

 しかし、日中は観光客なんてほとんどいなかったのにこの函館山の展望台に夜になると人がわらわらわらわら。本当に、どこにいたんだかってくらい人が来ました。

 あ、帰りは暗くて危ないからロープウェーで帰ったけど、ロープウェー、往復で1140円。あのペースなら1日500人くらい来てておかしくないから、夜景だけで1日500万円以上稼げる計算。

 五稜郭も展望台もやけにお土産が充実してるなぁ、と思ったけど、恐らく、これが所以なんだろうなぁ、と。

 夏とかだったらもっと稼いでいるんだろうね。

 下山してから駅前近くにある味覚街みたいなとこに行って函館ラーメンを食す。

 そして函館のみどりの窓口でなぜか翌日の夕張行きの切符を購入。駅員さんにすんごい驚かれました。そりゃそうだ。函館で札幌から夕張行きの切符買って、さらに日帰りで空港までの切符を帰り道に買っているんだから。あー、恥ずかしかった。

 そして19時40分くらいの函館発の電車で札幌に帰りました。

 函館のイメージは神戸と結構似た感じ。北だからか潮の香りはほとんどありませんでした。塩っ気も感じなかったし。

 神戸よりかは田舎だけど、似た匂いは感じました。やはり、悪くはないところかと。

 2日目終了ー!
スポンサーサイト

北海道旅行:1日目

 2月の18~20日にかけて北海道旅行に行ってきました。

 おととしの長崎旅行と同じく、よはん(みきを)と一緒です。

 ま、とりあえず一日ずつ、順を追って旅行記を書いていきましょう。

 あ、そういえば前書いてた台湾の旅行記って途中で止まってたっけ…続き、書いたほうがいいのかな?とにかく、忘れないうちに北海道を書ききってしまおう。




 北海道:1日目

 朝7時40分発の飛行機で新千歳空港へ。そっから札幌に向かって、まず荷物をホテルに預けてから出発。まあ、とりあえず

 寒い。

 気を取り直して、まずは北海道開拓の村へ。北海道開拓時代の家屋を移転、復元したものがいっぱい。

 北海道開拓時代の苦節とかをいろいろ学べるかな、と思ったけどあんまり表現しきれていない感があったなぁ。どっちかというと明治時代の家屋を学んだ感じがする。そういう意味ではすこし期待はずれ。

 ついで札幌に戻って有名な時計台へ。このときすでに雪中行軍。だから寒いってば…

 時計台の時計はすごいなって思ったけどやっぱりただの観光地という感じが。うぅむ。

 この時点ですでに午後5時。博物館の類はすでに閉まっている。

 あと、旧庁舎とかついでに夜景見たりとか。ま、そんだけ。

 あと札幌ラーメンなるものを昼夜食べたけど、2食はきつかった…

 ちなみに、札幌の町は計画されて作られただけあってやっぱり綺麗。

 京都と同じか優るくらいの碁盤目っぷりだったかもしれない。

 暮らしやすい町だとは、思う。でも、北大とか行きたかったなぁ

 あと、羊ヶ丘にあるクラーク銅像の指差す先には何があったのだろうか…

 はい、1日目終了~

現実逃避

 という名の更新。

 しかし、医学辞書をツールに入れたのはいいけど、

 上で「名の」って打ったら「nano」って出るし

 「ツール」って打ったら「tool」って出る

 ためしに

 重層扁平上皮

 すげえ、一発変換だ

 どうでもいいことに前書きを使いました、北兎です。

 zamさん、よはんさん、羽純さん、レスありがとうございます。

 あなたたちのおかげでこのブログにもすこーし息が戻りました。

 とはいっても一日に3つも日記書きにくいのですが。

 あ、ちなみに今日は自由が丘にモデルハウスを見に行きました。

 なんか、屋上とかロフトとか地下室とかなにこの楽しい家!?とかいう感じのを。

 ただ、駅から結構遠い…。まあ、いまが近すぎるってのもありますが。

 はてさて、新たな引越し先はどこになるんでしょうかね?

  |  home  |  

プロフィール

北兎。。

Author:北兎。。
誕生日 阪神が優勝した年の4月5日。
年齢 お酒を飲んでも咎められなくなりました。
性別 男子校出身ですね。
血液型 どなたにも献血できる便利な血液型です。
星座 メェ~
職業 かろうじて大学生。
趣味 読書、ピアノ、剣道
出身地 そば飯の発祥地です。
特技 ピアノ…にしておく。一応3歳から。
長所    一度決めたところまではやり遂げるところ
短所    でも決めたところまで行ったら何もしなくなるところ
好きな食べ物 和菓子や和食。胃に優しくすごしましょう…
嫌いな食べ物 ゲテモノ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Appendix

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。