«  疑問の氷解   |  home  |   ごめんなさい!  »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

«  疑問の氷解   |  home  |   ごめんなさい!  »

旅行記@12月25日

 ジングルベール、ジングルベール、すっずが~鳴る~。

 と。そうです。昨日も書きましたが、今日の旅行記は世間のカップルが時めく日々のうちのひとつ。クリスマスでの旅行記です。

 結論から言いましょう。自分とみきをはその日の夜、なんと長崎で夜景を眺めていたんです。夜景で有名なところと言えば長崎、神戸、函館などが挙げられるかと思いますが、なんとその1つに行ってきたんですね





















男3人でしたが何か?






 さて、これが今日の結末です。昨日のムーンライトから、こおまでの間、何があったのか補完しましょうか。あ、ちなみに彼氏彼女持ちはここから下を読むことを禁止しますんで注意してね~。

























 でも、どうせみんな読むんでしょ?
 
 さ、ではクリスマス旅行記の始まり始まり~。



 隣の人がなぜかいないおかげで2人分の席を確保できたのでこっちはだいぶ楽に過ごせました。朝の6時くらいに起きだして、関門トンネルの通過を見届け、下関で停車してるときにコーンポタージュとか飲んだりしてました。

 ちなみにみきをとは予約の都合上、違う席だったので彼が車中で何をしていたのかはあまり把握してません。気になる方は彼に問い合わせてください。

 そして朝の9時前に博多に到着。次の電車までに2,3時間ほど時間があったので、博多の中心街、中洲や天神に向かいました。もちろんデパートとかはやってないし、大体そんなところ男同士で行っても仕方なかったので、目指すは中州の屋台街。再び荷物を博多に預けることを忘れた二人はえっちらおっちら荷物を転がしながら中州へと向かったわけですが…

 見事に何もない

 まさか屋台すらないとは…。博多一の繁華街といえど、時間差攻撃にはもろかったらしく、開いているのはコンビニとカラオケだけ…。投げやりにカラオケでもしてやろうかと言いつつ、ノーゲインで中州を後にしました。

 仕方ないので博多でお土産を買いつつ、近くの博多ラーメン屋が開くまで待機して、記念に一杯だけ食べてきました。有名どころはすべて開店時間が遅いので、そこそこ普通の店で我慢してきました。京都の伏見稲荷と共に、この博多めぐりももう一回したいものです。ついでに大宰府とか。

 さて、ここから長崎本線に乗り換えて進んでいくわけですが。

 書くことが全くありません。

 景色ものどかでほとんど変わらないし、あちこち特急通過待ちで止まるし…。いや、本当にやることなかったんでぼーっとしてました。

 強いて言うなら、有明海を眺めたな~ってくらい。

 そして目的地の長崎に到着。最果てまで来たのかと危ぶんでいたのですが、さすがに長崎周辺は市街地があったので一安心。ここでみきをの友達、りょうと合流して長崎観光を始めました。

 ところでドイツ語選択の人には教科書が何故か長崎ネタ満載だったようですが…。確かに路面電車の乗り継ぎ券はありましたよ。とはいってもこちとらフラ語選択なのでよくわかりませんが…みきをがすごいはしゃでましたね。

 まず一番初めに浦上天主堂へ。ここは原爆の写真なんかで有名かもしれません。被爆したままで残されている石像のかけらなんかがあったりして結構重いところでした。

 さらに如己堂へ。ここは原爆に被爆しながらも死ぬまで医者として診療を続けたある医師が最後に暮らしていた家を残していたところで、関係性がある自分たちとってはやはり心に残るものでした。

 そして爆心地の公園へ。ここには被爆当時の地層が見られるようになっていて、ガラス越しにみるその中には瓦礫の中に混じって、誰ともわからぬ人骨がまぎれていたようでした。

 そして原爆資料館へ。自分は広島の原爆資料館に高2の時に同級生のto goとN君などと一緒にやはり18切符で旅行に行って、そこで訪れていたのですが、やはりどちらもひどいものです。正直、字面で表現できないのでここには詳しく書きません。ただ、広島と長崎、どちらも行ったことのない人は、必ずせめてどちらかだけでも行って欲しいと思います。世界に二つしかない原爆資料館ですから。

 さて、ここで原爆関係は終了です。次は長崎といえば、という大浦天主堂に行ってきました。こじんまりとしていて、特に記すほどのものでもないかもしれませんが、内装は荘厳としており、規模は小さめとはいえ、ヨーロッパのバチカン、サンピエトロ大聖堂やミラノのドゥオーモなどを思い出させるものでした。

 そして隣のグラバー園へ。ちょうど神戸で言う異人館街みたいなものかもしれませんが、どっちにしろ関東圏の人は知らないですよね。横浜に異人館街ってない、はずだし。神戸と長崎、横浜は似てるんだけどなぁ。中華街とか港町とか。でも横浜には異人館街が無いんだよね。

 さてさて。そんな異国情緒たっぷりのグラバー園。クリスマスということもあってライトアップなんかもされていたりして。


 ええ、男3人なんて浮きまくっていましたよ。ふんだ。

 結構いたたまれなかったので速攻で見て退散しました。まあ、特に見るものも無かったしね。

 そして中華街で夕御飯。豪勢にも2100円のコースとか食べてました。嗚呼、この旅行のエンゲル係数がどんどん高くなる…。まあ、移動は18切符だから仕方ないんですがね。

 その後にお待ちかねの夜景へ。近くの山をロープウェイを使って山頂まで上り、そこから夜景を見てました。

 なんと言っても綺麗。本当に綺麗だった。みきをのブログに写真があるけど、もっといい写真で見せてあげたいくらい。普通夜景っていったら町の光と海がセットだけど、長崎は向こうが山だから趣も違ったし。さすが夜景で有名なだけはある、と思いました。

 ま、ここもカップルが多かったのは言うまでもないですが…


 そしてりょうの家にお邪魔してだべったりしてました。

 そこで登場したるは昨日のお土産、たこ焼き味ようかん(お好み焼き味だったかも)。味は…。最初、ソースの味がして、後味が甘い…。

 極めて謎な味でした。二度と食べることもないかと。

 でも、売り上げNo.1のお土産だったんだよね…。熱狂的なファンでもいるのかしらん?

 んで、ここで嘉門達雄の歌などを聞きながら夜も更けて行きましたとさ。

 これにて25日も終了。あえてクリスマスを男同士ですごすことに恨み言は言いませんとも。ええ、絶対。実際、そんじょそこらで過ごすよりすっごい楽しかったしね。

 最果ての地で眠りについた後、明日は旅行の後半戦に突入です。旅行記@12月26日、ご期待ください。

 ちなみに、みんなってクリスマス何してたんだろ?あ、たむけいはいいから。大体わかってるんで。
スポンサーサイト

comment

名前の表記について。
大学からの友達のところでは「のん」でいってます。
高校の頃の友達は「まさき」。
お前さんが俺のことを「のん」ってのは違和感あるでしょ?
最近はひらがな表記がお気に入り。
なんか優しい感じがするからさ。


んで、この旅行記。
俺の住んでたところをコケにしてますか?(笑)


さらに、クリスマスの過ごし方。
イブはメール送ったけど(笑)
当日は…
部屋の大掃除して、
ライブに行って癒されてきましたよ。


…文章長っ。
いやー、朝の九時の天神って何もなかったよ?本当に

中州も人っ子一人いなかったし…

機会を改めてまた行くさ



ほんじゃ「まさき」で統一するかね~
あ、クリスマス?
塾でバリバリ授業してましたが、何か?

というか、そのおかげでサークルのクリスマス会にも参加できませんでしたが、何か?

それと、夜景は町の光と海がセットって書いてあるけど、認識の相違?
自分は夜景のは町の光のみですな。
初めて夜景を見たのが北海道で、それが果てしなく街の光の続いているものだったせいかもしれませんがね。
ま、言いたいことは、きっとその夜景に対する認識は、神戸で植えつけられたんだよ、と。

trackback

trackback url :

«  疑問の氷解   |  home  |   ごめんなさい!  »

プロフィール

北兎。。

Author:北兎。。
誕生日 阪神が優勝した年の4月5日。
年齢 お酒を飲んでも咎められなくなりました。
性別 男子校出身ですね。
血液型 どなたにも献血できる便利な血液型です。
星座 メェ~
職業 かろうじて大学生。
趣味 読書、ピアノ、剣道
出身地 そば飯の発祥地です。
特技 ピアノ…にしておく。一応3歳から。
長所    一度決めたところまではやり遂げるところ
短所    でも決めたところまで行ったら何もしなくなるところ
好きな食べ物 和菓子や和食。胃に優しくすごしましょう…
嫌いな食べ物 ゲテモノ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Appendix

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。