«  しらーんかったその意味   |  home  |   それでも世界を回る  »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

«  しらーんかったその意味   |  home  |   それでも世界を回る  »

シジフォスの神話

 僕は子供のころ、何かの本で読んだんだ

 とがった山の頂上に石を押し上げては

 転がり落ちた石を何度も何度も

 運び続けることを命じられた男がいた

 彼の名はシジフォス

 彼は何を思い続けて

 神々の命に従い続けたのだろうか

 すべてが無駄だとわかっている作業を

 文句1つ言わずに延々と

 それほどに人間界を愛していたのだろうか



 あれからどれだけの時間がたったのかわからないけど

 もし僕にその気持ちがわかれば

 この今の僕の胸に

 ぽっかりと空いたこの穴を

 延々と終わりなく埋め続けるこの行為に

 意味や意義を見出せるのだろうか

 このいつ終わるとも知れぬ行為に

 シジフォスよ

 あなたは今も、どこかで石を運んでいるのだろうか

 その場所が

 僕にとっての

 ひとつのユートピアなのかもしれない
スポンサーサイト

comment

trackback

trackback url :

«  しらーんかったその意味   |  home  |   それでも世界を回る  »

プロフィール

北兎。。

Author:北兎。。
誕生日 阪神が優勝した年の4月5日。
年齢 お酒を飲んでも咎められなくなりました。
性別 男子校出身ですね。
血液型 どなたにも献血できる便利な血液型です。
星座 メェ~
職業 かろうじて大学生。
趣味 読書、ピアノ、剣道
出身地 そば飯の発祥地です。
特技 ピアノ…にしておく。一応3歳から。
長所    一度決めたところまではやり遂げるところ
短所    でも決めたところまで行ったら何もしなくなるところ
好きな食べ物 和菓子や和食。胃に優しくすごしましょう…
嫌いな食べ物 ゲテモノ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Appendix

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。